患者様の声

当院で治療した患者様からの声をご紹介いたします。

1:36歳 男性 早期大腸がん 内視鏡的ポリープ切除

特に症状があったわけではありませんが、大腸がんを患った血縁がいるので、心配で大腸内視鏡検査を受けることにしました。
この歳なら何もないだろう、と思っていたのですが、10mm代の平坦なポリープが見つかり、内視鏡で取ってもらいました。
細胞の結果は、何と早期がん!それも、粘膜下層という部分まで浸潤していたようです。
びっくりしました。
幸い、処置が早かったので、内視鏡の治療だけで済みました。
ほんとに検査って受けてみないとわからないんですね。
検査も苦しいって聞いてましたが、そんなこと無いし、本当に良かったです。

2:56歳女性(他府県の方) 大腸内視鏡検査

便潜血が陽性になって、地元の病院で大腸内視鏡検査受けましたが、痛くて我慢できず、途中までしか内視鏡が入りません。ホームページを見て、鶴町クリニックで検査を受けることにしました。以前、検査した時の苦痛が頭に残り、すごく不安でしたが、本当に苦痛なく終わりました。小さいポリープがあり、その場で取って頂きました。
ありがとうございました。

3:40歳女性、胃ポリープ、経鼻胃内視鏡検査

会社のバリウム検査で要精密検査で、胃カメラを飲むことになりました。
数年前、口から胃カメラをしたのですが、辛かった記憶があり、不安で仕方なかったのですが、今回、鼻からの内視鏡をして頂きました。喉を通る時の嫌な感じもなく、検査は終わりました。胃のポリープも良性ということで安心しました。
女性の場合、バリウム検査に伴う卵巣への被爆も注意しなくてはいけないと説明を受けました。こんなに楽なら、被爆のことも考え、来年から毎年、胃カメラにしようと思います。

4:65歳男性、大腸癌、大腸内視鏡検査

便に血が着くようになり、受診しました。検査もすぐに遣っていただきました。
残念ながら、S状結腸に進行癌が見つかってしまいました。
都内の専門病院に紹介され、腹腔鏡手術をうけました。リンパ節転移もなかったです。
迅速な対応に感謝しております。

5:70歳女性、虚血性腸炎、大腸内視鏡検査

突然、お腹が痛くなったと思ったら、今度は急にトイレに行きたくなり。
排便すると血便が・・
びっくりして、鶴町クリニックに飛び込みました。
先生は、「虚血性腸炎か憩室炎だから心配ないよ」と言って下さり、
予定検査の中に緊急枠で早急に検査をしてくださいました。
検査の苦痛はなく、診断も、先生の仰るとおり、虚血性腸炎でした。
お薬を頂き、数日で腹痛も下血も止まりました。
街中にこのような検査をして下さる医院があり、心強かったです。
お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13