HOME > 胃・食道の主な疾患

胃・食道の主な疾患

逆流性食道炎

逆流性食道炎

胃液が食道に逆流し、その刺激で炎症が起きる疾患で、最近とても増えています。
症状は、胸焼け、すっぱい液が胃から上がって来る、喉に異物感がある、咳が出るなど、さまざまです。
脂っこい料理や刺激の強いものを口にする食生活、夜遅く食事をして、すぐに寝てしまう生活習慣がその原因だと言われていますが、胃液を逆流させないように締めている横隔膜の老化によるバルブの緩み、体格が良すぎて横隔膜を引っ張られる事、血圧の薬による逆流の助長なども原因とされています。
重度の逆流性食道炎を治療せずに放っておくと、食道腺がんになる可能性もあり、内視鏡による正しい診断と治療が求められます。

慢性胃炎

慢性胃炎

食べ物などの刺激によって慢性的に炎症を起こしている胃の粘膜が、萎縮(萎縮性胃炎)、粘膜が修復される過程で胃粘膜が腸に似た粘膜に置き換えられる「腸上皮化生」に代表される疾患です。
症状は、胃のもたれ、胸焼け、食欲不振などですが、まったく症状がないこともあります。
この慢性胃炎の原因は、胃粘膜に存在する「ピロリ菌」であることが明らかになっており、ピロリ菌を退治する除菌治療が必要になります。
ピロリ菌が原因の慢性胃炎を放置すると、将来胃癌が発生することが明らかになり、ピロリ菌がいる患者さんは必ず除菌治療を受けてください。

胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍

食べた物を消化する胃酸、ピロリ菌、消炎鎮痛剤(痛み止めの薬)によって胃の粘膜が傷つけられ、えぐり取られてしまう疾患です。
胃潰瘍の症状は、空腹時の上腹部の痛み。十二指腸潰瘍の場合は、背中の痛みとして自覚する場合もあります。
治療せずに放置しておくと、吐血、腹膜炎の併発、胃壁に穴があいたり、胃の出口が狭くなり食べ物が通らない「幽門狭窄」になりかねないので、できるだけ早い治療が必要です。
治療法は内服ほか、ピロリ菌感染がある場合は、除菌もあわせて行います。

食道がん

食道がん

食道にできる悪性の疾患で、扁平上皮がんが多くみられます。
アルコールの過剰摂取、喫煙、度数の高いお酒や熱い食べ物による刺激が原因とされており、症状は徐々に進行する嚥下障害(飲み込みが悪くなる)、体重の減少です。
治りにくいがんのひとつですが、早期に発見すれば、内視鏡で切除も可能です。

胃がん

胃癌は、胃の粘膜に形成される悪性の腫瘍のことです。胃がんは、慢性胃炎と密接な関連があると言われており、なかでもピロリ菌の感染が癌の発生要因になるといわれています。
胃がんは大きく分けて2つあり、「分化型」と「未分化型」とがあります。ピロリ菌の感染に強い萎縮、腸上皮化生が伴うと「分化型」胃がんが、萎縮、腸上皮化生が見られなくても胃の上部にピロリ菌による強い胃炎がある場合に「未分化型」胃がんが発生するとされています。
今では、内視鏡によって広範囲に形成された早期胃癌の切除も行うことが可能となっています。

胃ポリープ

胃の中にできるポリープ(隆起した形のもの)には、さまざまなタイプがありますが、それらは、がんにはなりませんので、無理に取る必要はありません。
(ただし、隆起していない扁平型の腺腫は取ったほうがいいものです)

  • 過形成ポリープ/粘膜萎縮の強い胃から発生し、多くの場合、ピロリ菌に感染しています。
過形成ポリープ胃底腺ポリープ

胃腺腫

只今準備中です。今しばらくお待ちくださいませ。

十二指腸がん

十二指腸がん

十二指腸にできる悪性のがんで、発症頻度は少ないです。

機能性胃腸症

最近増加中の、病変が特定できず、原因がわからない疾患です。
主な症状は、食後の膨満感や上腹部膨満感、腹部の違和感や腹痛などです。
胃の諸症状を有しながらも、胃内視鏡検査を行っても異常所見が見られず、ピロリ菌も存在しない場合に下される診断名です。現在、非常に多い病気です。
幸い、現在、特効薬が使えるようになりました。

ピロリ菌について

ピロリ菌に感染した慢性胃炎の除菌治療が保険適用になりました!

ピロリ菌の除菌治療を受けるには胃内視鏡検査を受けていただく必要があります。
胃の粘膜に住みつく「ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)」は、慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因と言われ、除菌をしなくてはいけない悪い細菌です。
このピロリ菌の感染は、50歳以上の方に多く見られ、放っておくと胃がんになる確率が高くなりますので、まずは胃内視鏡検査とピロリ菌の検査をおすすめします。

ピロリ菌へのリンク

胃がん内視鏡治療

胃がん内視鏡治療

従来、がんの治療には所属リンパ節の切除を伴う手術が必要でしたが、今やリンパ節転移のない早期のがんであれば、開腹手術でなく内視鏡で治療できる時代になりました。

内視鏡手術には病変にワイヤーをかけ高周波で焼き切る「内視鏡的粘膜切除術(EMR)」とEMRでは切除できない大きな病変を殊な電気メスを使い、剥離して一括切除する「内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)」があります。

当院では、胃の内視鏡は検査のみを行い、胃ポリープや腺腫の切除に関しては入院施設のある大学病院をご紹介します。

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13