院長のブログ

2012年6月11日 月曜日

医療はサイエンスか?その2

医療行為は、大規模な臨床試験で実証された理論に基づいてなされる。
この意味でサイエンスとしての面が大きい。

でも、これがすべてではないんです。

経験を積み、意識をとぎすませることで
患者さんの表情、声色だけで
尋常でないことが、患者さんの身に起こっている可能性を察知できます。

いわゆる嘔吐下痢症が大流行している時、同じ症状で来院しても
イレウス前段階で緊急入院が必要であったりします。
典型的な腸閉塞の症状はなく、嘔吐下痢症の症状だけです。
でも、腹部を触診した所見がどことなく、いつもと違います。
通常、嘔吐下痢症にレントゲン検査はしませんが
この方には行い、イレウス前段階と判明し、緊急入院で事なきを得ました。

別の例ですが
先日、高カロリーの点滴が可能な中心静脈カテーテルを皮下に埋め込む
手術をしていました。
必要な物品はすべて用意しました。
しかし、なぜかカテーテルが進みません。
しばし、迷いましたが、どこの医療機関でもあるであろう単純な機器を
使い、首尾よく終了しました。

私は、このような事は、医療のサイエンスではない部分と思っています。
ではアートか?
否、職人気質です。

医療には、サイエンス的な考え方と職人気質のバランスが
重要と考えています。

鶴町哲也

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年6月 6日 水曜日

医療はサイエンスか?その1

医療は、サイエンス(science)でなければならない。
そう叫ばれるようになって久しいです。

EBMという言葉があります。Evidence based medecineの頭文字をとった略語です。
医療行為は、大規模な臨床研究によって効果が立証されたものでなくてはいけない、という話です。
最近では、この概念は広く浸透し、各専門家集団は、EBMに基づいた医療行為の規範として
ガイドラインなるものを作成しています。

われわれ実地医家は、何らかの医療行為をするにあたり、必ずガイドラインを紐解き
ガイドラインに沿っているか、大きく外れてはいないか?自らチェックしなくてはいけません。

非常に素晴らしいことです。
このことによって、我々は、どこに住んでいようが、
地域差なく、学会という専門家集団が確立した立証された医療を受けることが出来るのです。

EBMに基づいた医療は、堅持、発展させていかなければなりません。

ではサイエンスとしての立場がすべてなのか?

そのあたりを次回ブログで書いてみたいと思います。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年5月31日 木曜日

検診のすすめ

現在、確実に悪性疾患、癌が増加しています。

胃癌、大腸癌、肺癌は男女とも亡くなる原因の上位を占めています。

検診技術の進歩で
苦痛なく検査ができる時代になっています。
実際、無症状でも、検診の結果、早期の癌が見つかり
根治治療がなされた患者さんは少なくありません。

医学が、このように発達した現在でも
大腸検診というと二の足を踏む患者さんが多いようです。

確かに、胃や肺の検診に比べれば
事前に腸内洗浄が必要であるとか、段取りが面倒なのは
事実です。
でも以前に比べれば、飲みやすくなっていたり
内視鏡の操作性も向上し
通常検査と同じレベルになっています。

自分で悩まず
まずは専門医に相談してください。

鶴町哲也

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年5月30日 水曜日

ブログ始めます

世田谷の経堂で開業して13年目に入りました。
日々の診療、家族のお世話に追われる日々です。

診療に携わることは、大好きですが
文章を書くのは得意ではありません。

しかし、杓子定規にならず、自分の言葉で情報発信できる
ブログという手段を、遅きに失しましたが
知った次第です。

なんとか続けていきたいと思っています。

まずはご挨拶まで。

鶴町哲也

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

2012年5月15日 火曜日

ブログをはじめます。

宜しくお願いします。

投稿者 鶴町クリニック | 記事URL

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13