院長のブログ

2013年2月24日 日曜日

ピロリ菌感染慢性胃炎の除菌が保険適応になった。

ピロリ菌感染慢性胃炎の除菌治療が保険適応になった。

今までは、保険適応がなく、自費治療だった。

保険財政がひっ迫する中、画期的なことだと思う。

翻って考えると、それだけ癌を患う患者さんが多いという証左だ。

ピロリ菌が胃に感染し、慢性的な炎症を起こし、萎縮性変化を経て
胃癌が発生することは周知の事実だ。

胃癌になる前に、慢性胃炎の段階で予防してしまおうという発想だ。
結果的に医療費を抑えるばかりか、日本を再生し、蘇らせるために欠くことのできない
マンパワーを守ることにつながる。

働き盛りの悪性疾患発症が多い印象をうける。
除菌したからと言って、胃癌にならないわけではない。
家族の大黒柱でもあることを自覚し、
自主的に検診を受けることが大切だと思う。



投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13