院長のブログ

2012年12月 9日 日曜日

新型細径大腸内視鏡の導入

過去のブログでちょっと紹介したと思いますが、この度、新型細径大腸内視鏡を導入しました。
大腸内視鏡検査を楽に受けて頂くための、執念と言うか・・・。

何が新型かと言うと
①太さが9.2mmと極端に細い。
②腸の屈曲部を超えるとき、軽く押し当てるだけで屈曲部を超えられる。これを受動湾曲と言う。
③径は細いが、内視鏡が腸の深い部分に達したとき、手元で操作する力が先端に十分に伝わる。これは高伝達挿入と言う。

今まで、通常使用している内視鏡の操作とは異なる手技が求められる。

性別で、大腸内視鏡検査が困難と感じるのは、女性の場合が多いと思う。
帝王切開や婦人科の手術をされた方は癒着で挿入困難になる場合があり得る。
手術を受けていなくても、体型がほそみの方は屈曲が強く、同じく挿入困難になる場合があり得る。

このような患者様に新型細径大腸内視鏡を使用してみたが、・・・

実に良い結果が得られた。何より検査を受けている最中の患者様の表情が柔らかい。
患者様が、我慢していないことが内視鏡を通して伝わってくる。

今後、この新型細径大腸内視鏡の使用経験は、ブログでその都度書いていきたい。

それにしても、もっとブログの更新回数を増やさないと。

書くことは、自分の今まで行ってきた様々な医療行為を見直す手段にもなる。




投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13