院長のブログ

2012年11月12日 月曜日

大腸内視鏡検査前に服用する下剤の飲み方

大腸内視鏡検査の前には、宿便を取り除くため、やや多めの腸管洗浄剤を服用して頂きます。当院でも、検査前に1800mlの液体を飲んで頂きます。特に女性で、日ごろ、水分摂取を心掛けない人は、全量服用するのが一苦労のようです。

 

当院では、この1800mlの液体を、半分ずつ、検査前日の晩夕方と検査当日の朝に分けて服用する事を原則としています。当然、検査前日は、早めの帰宅をお願することになります。遅くとも夕方7時までに、腸管洗浄剤を飲み始めれば、夜中にトイレで睡眠を妨げられる事はありません。ですから、前日、帰宅が遅い方は、当日に1800ml全量服用して頂くことになります。

 

2日に分けて服用して頂く理由は、1度に全量飲むのが大変だから、という配慮もありますが、別の理由もあります。2回に分けて服用すると2度洗いの原理で、腸内が、よりきれいになります。また前日に半分飲めれば、万が一、当日分を飲めなくなった場合でも、なんとか大腸内視鏡検査を遂行することが出来ます。それから腸管洗浄剤を服用する時のリスクを軽くする事も出来ます。洗浄剤を服用するリスクとは? もし、検査前に既に大腸癌が大きくなって、腸の通過を悪くしているような状況では、1度に大量の腸管洗浄剤を服用することでイレウス(腸閉塞)になる可能性があります。このようなリスクを防ぐ意味でも、2回に分けて服用する事を原則にしています。

 

現在の腸管洗浄剤は、飲みやすいとは言いませんが、飲みにくさは大分改善されたようです。あまり、心配する事はありません。指示に従って、安心して服用してください。

 



投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13