院長のブログ

2012年9月17日 月曜日

患者さんとの会話①

外来診療していると

何気ない患者さんとの会話で、教えられる事が多い。

もちろん、医学的な面以外で・・

 

ある患者さんとの会話・・

患者さんというより、私と同じ医療関係に従事している先輩格。

この方も、私と同じ開業医をしている。

私の専門領域の定期検診を受けに来院されている。

 

この方がすごいのは、開業医をしながら

学会、研究会の発表が際だって多いことだ。

私も年に数回は発表することはあるが

この方は毎月。それも複数回の事も多いそうだ。

 

ある日

「そうとうストレスがかかっているはずですが、それをやり遂げ、継続するパワーの源は何ですか?」

と言った趣旨の質問をしたところ

1日は24時間しかない。出来る事は限られるんだ。」

拍子抜けするような、短い答えでした。

意味するところは、生活の優先順位の上位に研究会発表という

学術活動を置いて、他の事はある程度犠牲にする・・

といった趣旨でした。

 

私はこの答えに、強い感銘を覚えました。

 

翻って、私の場合、52歳になり、30~40代とは明らかに

変化した体力、気力を自覚せざるを得ない、状況でした。

加えて、生きていくために、仕事以外の勉強、専門以外の知識獲得も必須な年代です。

 

最近、勉強の能率がよくありません。

ちょっと前なら、日曜、祝祭日というと、ほぼ終日読書しても

何の問題もありませんでした。

しかし、目の疲れ、読破するスピードの遅れは否めません。

なんとなく焦った感じになったりしていました。

 

1日は24時間しかない。出来る事は限られるんだ。」

わたしは、この言葉を

「無理のない範囲で行動していこう。ただし、ほんの僅かでも日々前進させながら」

と理解するようにしました。

 

一気に気が楽になりました。



投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13