院長のブログ

2012年7月22日 日曜日

大腸内視鏡検査前の下剤について


大腸内視鏡検査を躊躇する理由の1つとして検査前の下剤服用がある。

 

下剤というより、腸内の宿便を除去する腸管洗浄剤というのが

正しい。

 

約2リットル前後服用する。この量が不評なわけである。

服用後は、当然、トイレに足繁く通うことになる。

 

私は、いつもこのように言って励ますようにしている。

あまり、医学的な言葉ではないかもしれないが。

「何回もトイレに行っても、下痢ではなく、飲んだものがそのまま、排泄されているのだから、体力的に消耗することはありませんよ」

「いろいろな有害物質も含んでいる宿便を完全に取り除くことは、メリットもあるんだよ」

もっと気のきいた励ましを考えないと・・・・・

 

ところが一方で、女性に多いのですが

服用後に「年に1回くらい、この下剤だけを飲みたいのですが」

といった質問をうけることがある。

女性にとっては、腸内洗浄は美容にも直結する重大関心事なのだろう。

 



投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13