院長のブログ

2012年5月31日 木曜日

検診のすすめ

現在、確実に悪性疾患、癌が増加しています。

胃癌、大腸癌、肺癌は男女とも亡くなる原因の上位を占めています。

検診技術の進歩で
苦痛なく検査ができる時代になっています。
実際、無症状でも、検診の結果、早期の癌が見つかり
根治治療がなされた患者さんは少なくありません。

医学が、このように発達した現在でも
大腸検診というと二の足を踏む患者さんが多いようです。

確かに、胃や肺の検診に比べれば
事前に腸内洗浄が必要であるとか、段取りが面倒なのは
事実です。
でも以前に比べれば、飲みやすくなっていたり
内視鏡の操作性も向上し
通常検査と同じレベルになっています。

自分で悩まず
まずは専門医に相談してください。

鶴町哲也



投稿者 鶴町クリニック

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13