内視鏡に対する当院の院長の考え
最新設備と確かな技術
医師の技術について 医師の技術について

当院では、苦痛のない胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査を行っています。
患者様が内視鏡検査を受ける上で一番気になれるのが苦痛、痛み・不安です。胃の検査については、最新設備と医師の経験があればほとんど痛みがない検査が可能です。当院では鼻から内視鏡を挿入する経鼻胃内視鏡検査を導入し、ほとんど苦痛を感じない検査を実施しております。ただ、大腸内視鏡検査では、腸が伸ばされる時に発生する伸展痛と腸に空気を入れた時のお腹の張りからどうしても痛みが生じやすくなります。そこで、当院では内視鏡挿入時に送気せず水を注入する「原則無送気(注水)法」動画はこちら)を行うことで、お腹の張りと伸展痛を抑えます。送気が必要な場合は腹部の張った感じのほとんどない「内視鏡用炭酸ガス送気装置」を用いて痛みの軽減に努めています。

このような方法により、患者様にできるだけ痛みがない検査をご提案しております。
苦しい思いをされた方は是非ご相談ください。
内視鏡消毒も、高水準消毒で対応しております。

詳しくはこちら
当院の内視鏡検査の設備
挿入時の違和感、嘔吐反射を軽減する経鼻胃内視鏡を導入しています。通常径の経鼻胃内視鏡に加え、鼻腔の狭い患者さんのためにさらに径の細いタイプの2種類を用意しております。

痛みを軽減する新型大腸内視鏡 痛みを軽減する新型大腸内視鏡

大腸肛門疾患を専門にする当院は、胃の内視鏡はもとより、技術が問われる大腸内視鏡検査を得意としております。女性の患者さん向けに、腸の屈曲に沿って先進する「受動湾曲」、細くても大腸の奥まで操作が伝わる「高伝達挿入部」の機能を搭載した新型細径大腸内視鏡を導入し、子宮内膜症や筋腫あっても「痛みが少ない」内視鏡検査を実践しております。

性別・体格に合わせた内視鏡 性別・体格に合わせた内視鏡

当院では、内視鏡検査をする際には、検査を受ける方の性別・体格によって内視鏡を変えております。人の体の大きさはさまざまなので、太い内視鏡でないと奥に入っていかないケースもあれば、細い内視鏡でないと痛みが伴ってしまうケースもあります。そのため、当院では大きさが異なる3つの内視鏡で患者様にあわせた内視鏡を用いて検査を行っております。

特殊光を使った検査 特殊光を使った検査

当院では内視鏡画像を拡大したり、NBIと呼ばれる特殊光を用いて病変を浮き上がらせる最新の機器を用いて内視鏡検査をしております。
これにより、今まで見逃されてきた小さな病変の発見が可能になり、その病変が腫瘍か腫瘍でないかも見分けられるようになりました。このNBIは、特に見つけにくいとされる食道がん、咽頭がんの早期発見に威力を発揮しています。

当院の内視鏡検査実績

当院の過去3年間の検査実績です。 私一人で肛門科日帰り手術も行っている関係で検査実績が多い訳ではありませんが いつでも患者さんの都合に合わせて、気軽に検査が受けられる体制を整えています。

検査実績2010年2011年2012年2013年
GF(胃内視鏡検査)773件737件831件880件
CF(大腸内視鏡検査)390件406件487件549件
合計1163件1143件1318件1429件

当院の内視鏡検査実績
実際の大腸内視鏡検査の風景

患者様向け大腸内視鏡検査動画[4分50秒]

医療機関向け大腸内視鏡検査動画(検査の解説付き[16分])
ご相談ください!
胃がきりきり痛む
胸焼けが多い
吐き気がある
血便が出る
便秘がち
おなかの張り

クリニックからのお知らせ

一覧を見る

2015/09/09

シルバーウィークの診療についてのお知らせ
9月20日、21日、22日:休診
23日:午前9時~午後3時まで診療
を行います。

お問い合わせバナー
アクセス


大きな地図で見る東京都世田谷区経堂1-14-13